投与のポイント|フィラリア予防薬があれば安心!通販利用で節約しよう

投与のポイント

たくさんの錠剤

フィラリアの予防はしっかりと正しく行っていれば感染を恐れる必要はありません。
予防方法は、フィラリア予防薬の投与です。薬を与えるだけですが、薬を与えなければ防ぐことができない病気です。

フィラリア予防薬で感染を防ぐ場合には、大きく2つのポイントがあります。
1つ目のポイントは、1ヶ月毎に与えるということです。
現在、フィラリア予防薬にはいろいろな種類がありますが、どのお薬も1ヶ月に1回の投与です。どうして1ヶ月に1回なのかというと、フィラリアが体内に侵入したときに、心臓や肺に到達するまでに2ヶ月ほどかかるからです。そのため、2ヶ月間の間にフィラリア予防薬を投与していれば体内に寄生することはありません。

2つ目のポイントは薬を服用する時期です。フィラリアというのは、蚊によって感染する病気です。つまり、蚊が居ない時期というのは薬を与える必要はありません。地域によって蚊が発生し始める時期というのは異なりますので、必ず動物病院へ行っていつから飲み始めるか聞く必要があります。また、飲み終わる時期も蚊がいなくなってから1ヶ月までは与える必要があります。

毎月1回、蚊が発生する1ヶ月前からいなくなった1ヶ月後まで必ず忘れることなくフィラリア予防薬を与えるようにしましょう。そうすることで、いつまでも健康に過ごせます。
また、フィラリア予防薬には様々な種類があり、薬が苦手な犬でも食べやすいチュアブルもあれば塗布薬もあります。ペットの性格に合わせて負担のないものを選ぶようにしましょう。