予防の重要性|フィラリア予防薬があれば安心!通販利用で節約しよう

予防の重要性

中身が出ているカプセル

動物病院で診察を受けると「今年もフィラリア予防薬をはじめていきましょうね」なんて言われます。当然のように薬をもらい、犬に与えているという方が多いですが、フィラリア予防薬を与えずに感染してしまった場合にはどうなってしまうのか考えたことはありますか?
フィラリア予防薬を与えるのを忘れてしまった経験があるという場合、それはおそらくフィラリア症の危険性を知らないからでしょう。今後飲み忘れないようにするためにも、ここでフィラリア症の恐ろしさをお教えします。

フィラリア症というのは、イヌフィラリアという犬糸状虫型以内に侵入することです。蚊を介して体内に入り込み、心臓や肺などで寄生して成長していきます。そして、どんどんと成長を続け、卵を産み付けることで犬の体内は蝕まれていき、最終的には命を落としてしまいます。
犬の種類や年齢などの関係なく感染する病気となりますので、必ず予防をする必要があります。

フィラリアの幼虫が体内に侵入したという場合、すぐに症状が現れるようなことはありません。潜伏期間はおよそ半年と言われており、その後は成長を続けます。
症状として現れるものには、咳、散歩へ行きたがらない、食欲低下、血尿、腹水などがあります。
少しでも様子がおかしいという場合には、すぐに病院へ連れて行くようにしましょう。

非常に恐ろしい病気ですが、フィラリア予防薬を与えていれば防ぐことができますので安心してください。